技術部工具課 工具管理係 主事

江尻 一博 KAZUHIRO EJIRI

2008年入社

安定した品質、見た目の美しさ
精度の高い金型がなければ
実現できない


金型が成立するかどうかの検討が非常に重要
作りやすさも考えたアドバイスをお客様へ

金型というのは一品一様。その製品だけの金型を作っています。そこで重要になるのは、最初に仕様検討を行う社内DR(デザイン・レビュー)とお客様先のDRです。お客様から設計図が来た時に、まず金型が成立するかどうかの検討を社内で行います。その後にお客様先のDRで金型上のアドバイスを行い、成立させるための形状や作りやすくするための打ち合わせをします。DRは仕事の割合としては1、2割ですが、そこで仕様検討をしっかりしていないと金型の品質、製品の品質に関わってくるので、大変重要になる部分です。また、営業が受注する前に設計図を見て、金型データをある程度作り、実際にできるかどうかというところまで検討し、アドバイスすることもあります。


頭の中で金型の複雑な形状や動きを想定して
実際に設計できた時は達成感があります

少し前になりますが、今までにない難しい形状の製品を手がけたことがあります。2色金型のキャビスライドという構造が大変複雑なもので、カーオーディオのボリュームのつまみ部品です。バックライトが映えるように黒と透明の2色の樹脂を使い、しかもつまみ部がねじれたカタチなので成形が非常に難しい。2色成形機を使って、どう成形して取り出すか。金型の開閉する動きを頭の中で想定して、金型の形状を3次元CADで設計するという、普通の金型構造よりもひと手間もふた手間も複雑な形状が求められました。冨士ベークでは前例のない仕事でしたが、金型の構造上に問題がなく量産できた時の達成感は、とてつもなく大きかったです。

採用Q&A

Qズバリ、金型設計の面白さ・やりがいは?
A型完成後に思い通りイメージした製品ができると達成感があります。頭の中とCADの中だけで現物を描き、実際の金型の動きを想像して設計します。設計後、図面を出図して金型ができあがるまでは緊張感がありますが、耐久性があり品質の良い金型ができて、他部門から「良い製品ができたじゃねーの」とお言葉を頂いた時は更にやりがいを感じます。
Qお客様とのデザイン・レビューで心がけていること、嬉しかったことは?
A求められたことを実現するのが本来ですが、物理的に無理なことなどは、代案を提示して検討してもらいます。またQDCを基本に、より良い製品ができることを心がけて提案します。その内容を納得・共感していただけた時は、とても嬉しく思います。
Q冨士ベークのチーム力の凄さを実感した具体的な出来事は?
A職場や他部門に技術的なアドバイスをしてくれる提案力があることです。社内打合せ会議では、金型、成形、塗装、印刷、組み立てなどのいろんな部署が集まり議論をします。解決していかないといけない課題に対して、各部署から意見が次から次へと出てくる時に、みんないろんな策があり経験のすごさを感じます。
Qオフの日の過ごし方は?
A家族と公園や買い物などをして過ごします。友人の家族と夏はバーベキュー、冬だとスキー場に行ったり、のんびり過ごしています。

ENTRY
エントリー

新卒採用

リクナビ2019
キャリタス就活2019

中途採用

応募フォーム