水性塗装技術

技術概要

*

化学物質過敏症等の問題が注目される中、揮発性有機化合物の削減を図るため水性塗装技術を導入。

溶剤系塗料からの脱却を目指しています。意匠性もクリアし、環境対応技術として脚光を浴びています。

対象部品:自動車用内装塗装部品

  • カーオーディオ
  • ナビゲーション
  • ヒーターコンソール
  • その他小物部品
従来 新工法・新技術

従来工法(溶剤塗料塗装

↓
デメリット

塗料中・希釈剤に有機溶剤を使用

↓
環境動向

シックハウスや化学物質過敏症に悩む人の増加

2007年以降の新型乗用車から車内にも厚生労働省指針を達成する目標設定(財団法人日本自動車工業会HP車室内VOC低減に対する自主取り組み)より

新工法(水性塗料塗装)

↓
コンセプト

有機溶剤量の大幅な削減

↓
効果
  • 揮発性有機化合物(VOC)の
    削減が可能
  • 溶剤系塗料に匹敵する
    意匠性が可能

※特に表面状態の平滑性

ポイント

  • 品質面において溶剤系塗装と同様な性能を保持すること。
  • 意匠性においても溶剤系塗装と同レベルをクリアすること。