ウエルドレス成形技術

技術概要

型締めと同時に瞬時に高温に金型温度を上げ、射出・保圧時間を過ぎると金型を急冷する工法を採用し、ウエルドの発生を抑えることに成功しました。表面光沢が向上し、塗装工程が不要になるなどのメリットがあり、高剛性の面でも優れています。

従来 新技術

穴があるとウエルドが発生する(赤丸部)。ゲート部にジェッティングが発生。

未使用品
*

ガラス繊維・フィラーを含有した
樹脂での添加物の露出がある。

*
薄肉品の剛性がでない。
金属(Mg)を使用。
シボの転写むらが発生する。
表面に部分的な光沢や曇りが発生するため塗装を行う。

ウエルドが目立たない(見えない)。
メッキ品、蒸着品のウエルドがでない。

使用品
*

ガラス繊維・フィラーの
露出をなくすことができる。

*
薄肉製品での高剛性が得られる。
GF(ガラスフィラー)、CF(カーボンフィラー)の添加剤使用によるマグネシウム合金(Mg)の代替。
金型表面への樹脂の転写性がよくなるため、金型のシボなどの微細加工を忠実に転写した製品になる。
表面の光沢が全体的に向上し、ウエルドも出ないため、塗装工程を不要にできる。

適用可能な部品

透明、半透明な部品
カーオーディオ、ナビゲーションのパネル(化粧板)
メッキ、蒸着仕様の部品
携帯電話、オーディオ関係のボタンなどの小物部品
薄肉部品
メモリーカードなど
高剛性要求部品
デジタルカメラ、パソコンやプロジェクターの筐体などの家電製品
塗装レス部品
カーオーディオのパネル、ナビゲーションの液晶パネル、プラズマテレビの枠パネル など