品質マネジメントシステム

「全数良品主義」と「顧客満足度100%」の追求 *

冨士ベークライトの品質保証に対する姿勢。それは「全数良品主義」と「顧客満足度100%」の追求です。製造ラインにおいては、「不良品ゼロ」を 限りなく追求。各作業は手順書通りに行われていることを記録で確認することはもとより、品質は工程内で造り込み保証する「自工程完結」を徹底しています。また社内では30数年にわたり40グループ以上の小集団活動が行われ、海外工場も含めた全社的な品質管理体制を構築しています。

実機検査

*

オリジナルの検査治具で、実際の使用状況に近い状態でライティング時の色調やスイッチの動作感を確認しています。

外観検査

*

機械では判別できない外観意匠も、各工程でひとつひとつ丁寧に確認。高い加飾加工品質を確保しています。

三次元測定器

*

プログラム作成により自動精密測定が可能な三次元測定器を導入。量産レベルでの精密な寸法管理を実施しています。

画像自動検査機

*

人の目では見落としやすい複雑な類似品の誤組付や小さな部品の欠品を、画像認識装置により、自動的に確認しています。

レーザー顕微鏡

*

高解像度による精密な検査と表面形状や粗さの計測の実施のために導入したレーザー顕微鏡は、より迅速な品質管理対応に大きく貢献しています。

蛍光X線分析装置

*

製品に含まれる元素を解析するために蛍光X線分析装置を導入し、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム等の特定有害物質が規定含有量以下であることを証明しています。

*
ISO9001、ISO14001を認証取得

1998年にISO9001を認証取得いたしました。また、省エネルギー、省資源、廃棄物の削減等、地球環境への負荷を低減させる環境保全活動にも力を注いでおり、2004年には、環境マネジメントシステムのISO14001を認証取得いたしました。

 

登録証拡大版

 

 

 

 

冨士ベークライトグループ 品質方針

 

当グループの全ての製品が顧客の要求する品質を満足させると共に、法令及び規則を遵守するように、全部門の業務活動が最も効果的に機能するような品質保証システムの構築に努める。 品質保証システムの構築・改善及び徹底については次の事項に示す。

 

1.全社一体となって、顧客の信頼を獲得することにより、事業を維持し、確立し、成長させる。

2.顧客の満足を得るために、高品質で信頼性の高い、高度な生産管理、品質管理体制の確立に総力を挙げる。

3. 技術と環境との調和の中から新しいものを生み出す。

4.一人一人または小グループで、課題を謙虚に学び、考え、評価し、継続的に改善を進める。

5. 全従業員は当グループの品質保証システムを述べた品質マニュアルをよく理解し、遵守する。

 

2017年11月30日

冨士ベークライト株式会社

代表取締役社長 藤井 良昭

菱陽電機株式会社

代表取締役社長 古賀 英敏